一月に八月のシャハラザード

今週の日誌もユージです。実は年末にダイエット宣言をしたのですが・・・冬はおいしいものが多いですね。春もおいしいものが多いですね。夏も・・・(無限ループ)

さて、21日の稽古は「八月のシャハラザード」を読みました。ステップでは過去2回程公演3月してますが、しばらく本読みもしていなかったので最近はいったメンバーは新鮮だったかも。最後まで読み切れず次回以降にまた読む事になりました。みんな続きが気になる言ってました。

アフターはおかさん宅にて餃子いただきました!ダイエットは明日から!(てへ)

稽古はじめ

あけましておめでとうございます。ユージです。
と言ってももう2週間たってますが(笑)
今年もステップを宜しくお願い致します。

ステップ本年第一回目の稽古は、まずはうれしいお知らせ。10年ぶりにおかさんが復団しました。実はこの稽古日誌も一番最初はおかさんが書いてたんですよ。一緒に芝居作りをしていたおかさんとまた、芝居ができるなんて楽しみだと誰かが言ってました。

さて、本日の稽古。まずは体ならしって事でウォーミングアップでは、棒になりきり周りの人が支える(押し合う)と言うのをやりました。人を信じていれば棒役も折れません!



私はあっさり折れました(爆)

なうさんはしっかり棒になってました(写真)
支える時も棒が倒れるのが怖くてすぐに支えに入りました。アップあとは昨年末読んだ「不思議なクリスマスのつくりかた」の後半を読みました。




□■□告知■□■□■□■□■□■□■□■□■□
またステップや演劇に興味のある方、ステップはいつでも見学大歓迎です。今は毎週色んな台本を読む期間ですので、見学の方も楽しんでいただけると思います。問い合わせだけでも良いので気軽にお声かけください。

↓連絡はこちら↓
citycompany_step@yahoo.co.jp

稽古日誌@ちゃにま。

ども、ちゃにま。です。

今週は今年最後の稽古となりました。
読んだ本は「不思議なクリスマスのつくりかた」
スヌーピーの世界ですな。
なんとなく頭の片隅にあるスヌーピーの世界は、割と早口で淡々と進むイメージでしたから、全体的にそんな進行でした。
僕はまだ世界観が確立されないまま読み進めてしまったので、中身についてはあまり良くわかってないのです。
なので、そのあたりは省略で。

そして話題は、稽古翌日の「J」さんと「なんしー」さんの結婚披露宴に。
「J」さんは今年女性役をこなしてますます絶好調の現役団員。
「なんしー」さんは「サムライる」のお姉さん役からから「僕と私と死神の四十九日」の死神役まで所属していたOGさんですが、今年も衣装関連で非常にお世話になりまして、披露宴の動画作成は願っても無い恩返しチャンスでありました。
団員同士の結婚は、七組もあるんですって。
あら、なかなかの結婚相談所っぷりじゃないですか。
まだまだいますよ、売れ筋やレアものなど、各種取り揃えております。

来年は1月14日から稽古開始です。
日記を読んだり、団員紹介を読んだり、写真館見たりしながら、ステップに興味が湧いてきた方々、ぜひ見学なんぞしてみてくださいね。
入団は強要なんてしませんし、何度か稽古を見ていただいて気になるところは質問して、クリアーにしてからで遅くありません。
まずは気軽に、ステップの扉をノックしてみてください。
来年、一緒に演じてみませんか?

んなわけで、ちゃにま。の稽古日誌、このへんでお開きです。
また次回、お会いしましょう。

よいお年で。


…いやいや、良いお年をお迎えください。

ミス・ウォーショースキーとダンデライオン

しまった……!!


俺は焦っていた。携帯の画面が暗闇の中でポツンと光っていた。俺は部屋の灯りをつけ、乱雑に散らばった未読の本を一瞥した。……それらは確かにそこにある。完全に想定外だった。俺は再度、携帯の画面に目をやる。



12月20日、サラ・パレツキー著『カウンターポイント』発売。



やってしまった……!!サラ・パレツキーの新刊が出るというのに、俺の周りにはうず高く積まれた未読の本、本、本!


サラ・パレツキーは、俺がリアルタイムで追っかけている数少ない作家で、彼女の描く女性探偵「VIウォーショースキー」は1982年刊『サマータイムブルース』での初登場以来、女性のハードボイルドのパイオニア的存在として、現在も根強い人気を持っている。


エンタメ路線が強かったシリーズも次第に社会派としての性格が強くなり、作品としての重厚さが増している。初登場時、32歳だったVIも前々作でとうとう50歳を迎えた。時には顔にできたアザを厚化粧で隠してデートに行ったり、悪党どもにゴミと一緒に捨てられたり、親友の老医師に弱音を吐いたり、捜査の一環とはいえ40後半でストリップデビューをしたりと、そろそろ落ち着きなさいよと言いたくなることも少なくないが、毎回エネルギッシュなVIの姿を目にする度に「次はどうなるんだろう!」と胸が踊り、話の続きを、ひいては次の事件を期待してしまうのである。……早い話がとても魅力的なシリーズだということだ。


だから、久しぶりにVIに会える!とストレートに喜ぶべきなのだ。しかし、俺の前には「未読の本」より数人のハードボイルダーが立ちはだかる。「朝倉哲也」、「伊達邦彦」、「葉村晶」、「鮫島警部」、「探偵・沢崎」、「探偵物語の工藤ちゃん」という、血の滴る赤い牛肉をそのまま噛みちぎらんと言わんばかりにハードボイルドな面々。何で未読の本が全部ハードボイルド小説なんだよ……。


果たして、あと数日で未読の本を全て読み切り、無事、最愛のVIウォーショースキーと再会できるのか!?



ほんとにどうでもいいですな。



どうもです。かいじです。いきなり本の話題とかどうでもいいよ!ってな感じですな。


まぁ、何が言いたいかというと、出会った本の中には自分の人生を揺り動かしたり、影響を与えたりするものが存在するということです。


それが、誰かに貰ったものだとかであれば貰った相手とのやり取りやシチュエーションが記憶に焼き付いて、とても印象的になることもあるということで。


長くなりそうなんで稽古のあらすじ↓
「読んだ」


もう「でしょうね!!」って声が聞こえてきそうな簡潔なあらすじでダシール・ハメットもきっと驚くと思うのですが、何を読んだかというと



キャラメルボックスの『ミスダンデライオン』でした。



どんな話かというと、主人公の女性「鈴谷」が11歳の頃に入院していた病院の患者である作家志望の青年「青木」を助けにいくという話。


青木が11歳の鈴谷にロバートFヤングの『たんぽぽ娘』の話をしていたり、その『たんぽぽ娘』が青木との思い出とともに鈴谷の心に刻まれ、現在の彼女に影響を与えている。なかなかロマンチックな話でした。


私個人としては、久々に病人の役を読んでデジャヴってました(二年前の舞台参照)。でも、病人の役はもういいかな(笑)


気づけばもう12月も半ば。来週は稽古納めとなります。今年も皆様には大変お世話になりました。未熟者の私ですが、来年もどうかよろしくお願いいたします。(来週の稽古日誌は私ではないと思うので個人的に挨拶しておきます)


かいじでした。

台本読み

こんにちは!!

最近美容に気をつけて髪の毛のケアをしたり、正しい洗顔、そして保湿パック…メイクもちょっと変えてみたら昨日ぜんさんが
「あれっ?今日ちちいつもより可愛いねえ~!」と言われましたので、やだ♡もう♡ぜんさんたら…♡(…)

ステップではなぜか美容院に行ったりすると、みんな気づいてもらえるまでアピールしたりする人が多いです(笑)
役者ですから!!外見だって舞台に立ったときにきれいに、かっこよく見えるように多少努力は必要ですよね!

外見に努力が必要ならまずわたしはダイエットせねばならんのですが、新入団員のさねちゃんが細いのに脂肪燃焼黒ウーロン茶飲んでてわたしは、わたしは、わたしは――――――――――――――!!!

来年舞台に立つときは…痩せてたら…いいな…(甘いミルクティーを飲みながら…☆)


はい。
雑談コーナーはここまでにして稽古日誌に入ります。

昨日はクニさんが書いた台本をみんなで読みました。

なんだか難しいお話で…あの…その…よくわからなかった…と正直に言っていいんだろうかと思いましたが、
クニさんが「ぼくの脚本は初見じゃわからないと奥さんも言ってます」と仰っていたのでちょっとホッとしたわたしです。

そして今度ステップ用に当て書きで台本を書いてくださるそうなので、これまた楽しみですね♪

そしてそして!!プチ・お知らせ。

劇団のこのサイトを新しくしようということで近いうちにHPをお引っ越しいたします!!イエーイぱちぱち!
しばらくは旧サイトも残してそこに新サイトのURLを貼っておきますね(#^.^#)

↓こちらから飛べます。お手数おかけしますが、お気に入りなど、このHPを新しく追加してください。

新・狭山市民劇団ステップHP

*ちなみにブログは移転せず、fc2のままですので、ブログを個別にお気に入り登録している方はこのままで大丈夫です。
ホームページがサーバーごと移転なのでそこだけご注意ください。


それではみなさんまた来週~~~!

好きなもの、きらいなもの

こんにちは~今週こそは記憶が薄れないうちに早めに書くぞ!!ということでさっそく昨日の稽古日誌を書きたいと思います!!

11月で異例の雪が降ったりしてすっかり寒くなりまして、冷え性のわたしは湯たんぽでぬくぬく暖をとっておりますちちです!

湯たんぽの何が最高って…その保温性!布団に入れておけば朝までアッタカイ!!しかもエコ!!お湯入れるだけだもの!ちゃんとカバー付けておけば低温やけどもしないし、ストーブと違って火事などの心配もなく安全!ぬくぬく!!!アッタカイ!!!!最高!!!

…はい、話がこれ以上脱線しないようささっと稽古内容を書きましょう!

突然ですがみなさん、好きな食べ物&きらいな食べ物ってなんですか?(食材一つに限ります。カレーじゃなくてカレーの中に入っているじゃがいも、等)

好きなもの、きらいなものを思う存分語っていただき、今度は『きらいなものを大好物だと思って』語っていただくというゲームをしました。

役者としてその役になりきる、自分が理解できない思想であったとしてもそう思い込んで演じなくてはなりませんのでなかなか複雑で面白かったです。

昨日面白かった例としてはきらいなものをあたかも大好物として語るところで

ゆうきの「レバーの鉄分…ち、血が最高!!」

とか

新入団員クニさんの「缶詰に入ってるウィンナーのぬめってしたところが…」

とか…いやいや好きなものを語ってるはずなのに表現がおかしい!!
と突っ込みどころ満載で大爆笑が起きてましたが、いざ自分がみんなの前で発表となるとやっぱりおかしくなってしまう…。

言葉選びも重要ですが、すきなものときらいなものの前ではテンションが全く違うはずなので表情とかにも気をつけないといけませんね!

来週は~~~クニさんの持ってくる台本読みだーい!楽しみですね(#^.^#)

以上、今週の稽古日誌でした!




うわ…何これ…めっちゃ稽古日誌やん…めっちゃ稽古内容に触れてるやん…しかも昨日の出来事を今日書くとか更新がんばってて偉くない…?

どうでもいい事書きたいの必死に抑えて書いたので映画『アジョシ』のウォンビンさんが最高に格好良かったことだけお伝えします。出来ることならわたしも幼女になって「あじょしー」って言ってウォンビンさんに「抱きしめてもいいか…?(*ロリコンではない)」って言われたい。

そんな感じで最近映画にハマってるちっちーにオススメの一本がありましたらこっそり教えてください(ただしホラーとグロは却下)


それではまた来週~!

ウルトラ整備隊宇宙へ



子供の頃の記憶というものはとても強烈なものだ。


もっと言えば物心つく前、幼少期の記憶はハッキリとそれだと意識していないにも関わらず、それを見た、あるいは経験しものは特に強烈なイメージとして記憶に刻み込まれる。そして、それがトラウマとなって後の人生に影響することもあるのである。


幼少期の自分には、怪獣にリンチされ、脚を折られたウルトラセブンの姿がとても強烈で、それが今でも頭の中に残っている。


だから、数年前にウルトラセブンを全話観直すまではその記憶ばかりが前に出て、人間の姿を借りた宇宙人で故郷の星では恒星観測員として働いていることも、宇宙ステーションV3ことも、キリヤマ隊長の「地球は我々人類、自らの手で守り抜かなければならない!」というセリフも、地球防衛軍の本部がパリにあることも、12話が欠番であることも、風邪をひいて100℃の熱を出すことも、セブン上司のことも、最終回の「僕はね、人間じゃないんだ!」も覚えていなかったわけだ。



だから何だって話ですね。



どうも、お久しぶりです、かいじです。遅ばせながら、第21回公演『トランスホーム』にご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました。来年もまた、いいお芝居がお見せ出来るように頑張りたいと思います。


長くなってもアレなんで先週の稽古のあらすじ↓
「台本を読む見学者!」


ウルトラセブンのサブタイっぽくしようとしたらなんかワケわからんことになりましたが、まあそうなんですよ。



見学者が3名いらっしゃいました。



3人のうち2人はお馴染み、OBの岡さんと中原さんでした。そして、もう1人は、ミスタJのお知り合いのつてで来てくださった女性です。なんと10代!いやぁ、若いですね、私なんかアラサーですよ。ウルトラマンレオの40話のモロボシダンみたいなヒゲ面になってきたアラサーですよ。


とまあ、見学者を迎えて読んだ台本は『進め!ウルトラ整備隊』でした。ステップでは第六回公演で上演された台本ですね。


どういう話か簡単に言いますと、怪獣やなんかが存在しない世界でウルトラセブンのウルトラ警備隊が存在したら……といった感じ。


まぁ、読んでて楽しかったですよ!出席人数が多かったんで後半は何も読まなかったんですが、本家ウルトラセブンとの共通点や何かを照らし合わせながら一人ワクワクしてました!


隊長がキリヤマ、人の姿をした宇宙人で恒星観測員、地球防衛隊のパリ本部、宇宙ステーションV3、湖に宇宙船、極東基地、柳川、ボガード、水野(整備が得意)、もうこじつけだろと言われても構わぬ!というくらいウルトラセブンの設定が出てきました!


待てよ、もしかしてこの台本をやればウルトラ警備隊の制服(っぽいもの)を着れるってことですか!?それは熱い!!てことは……アンヌ隊員みたくムチムチの制服姿の女性隊員も……(あんまり言うと後で怒られるんでここまで)


とまあ、興奮覚めやまぬといった感じですが、稽古の方は賑やかで、見学者の方も楽しんで頂けたようで本当によかったです。また是非来てくださいね。


公演は終わりましたが、ステップは来年に向けて動き始めました。来年の公演は果たしてどうなるか!乞うご期待!


かいじでした!


追伸:日誌のタイトルがウルトラセブン第14、15話『ウルトラ警備隊西へ』とウルトラマン第17話『科特隊宇宙へ』のパクリだと思った方、鋭いわ。

ひさびさのちちです。

ひさしぶりの登場です!ちちですこんにちは!!!

先週…じゃない、先、先週の稽古日誌を書こうと思います。

………

なんだっけ、今日観たインド映画『きっと、うまくいく』が最高にわたしのツボだったので今インド映画に心が支配されてて稽古のことが思い出せない!!!

キーボードを打つ指先がインド映画の感想を打ちたくてうずうずしていますが、劇団のブログで熱く語られても「は???」って思われそうなので我慢して稽古の断片的な記憶を呼び覚ましています。

先日同級生の友人が26歳の誕生日を迎えまして「わたしたちももうアラサーなんだよね…」という言葉にしみじみしつついよいよ歳だな…先先週の土曜の夜の稽古の内容が思い出せないとかいよいよ歳だな…なんて、そんな…

止めましょう!!!

『きっと、うまくいく』の大学生の役を演じた主演のアーミル・カーンなんて、当時、44歳ですよ!?!?

44のおっさんが!!青春まっただ中の大学生!!!自身のおよそ半分の年齢!!

つまり!!!

わたしが!!!

何を言いたいかと言うと!!!

役者は-----何にでもなれるということです!!!!!!!!!!!

という事でお肌の乾燥が気になる奥様、ドモホルン○ンクルをお試しいただかなくとも10歳でも20歳でも若返れます!

―――――そう、劇団ステップならね。(iPhone風)

いやでもそうは言っても?若い子の役は若い子が演じるんでしょ?

いえいえ、わたしが観た限りでは特別公演『広くてすてきな宇宙じゃないか』でさとこさんは当時ピー歳でしたがなんとランドセル背負って小学生演じてましたから!!
そして最近だと『僕と私と死神の四十九日』ではさとこさんは若いカップルの彼女役を…そして『みんなの宇宙』ではいじわる~な絵に描いたような金持ちのおばさんを演じるなどなど…。

他の劇団員の方もそうですが本当に、同一人物が演じていたの?と。本当は幾つなの?と思わせられるような幅広い年齢の役をみなさん演じています。

いやあ~本当に面白いですよね。

ということでね、ずいぶん前振りが長くなりましたがやっと先々週の稽古を思い出しましたよ!!

ここまでくるのに本当に長くなってしまったのでわたしも疲れてきたしもうそろそろ寝る時間なので要点を3行でまとめる!!!

・即興劇とかインプロをしました。
・新入団員が増えました。
・来週は台本読み。

です!!!!!!!!

稽古日誌のくせに肝心なところは箇条書きで3行かよとか思わないでください。書いたわたしが一番思ってるからね。
次回稽古日誌を書くときにはもうすこし稽古内容に触れたいです。ハイ。

それではみなさん、冬の寒さがきびしくなってきましたが体調にはお気をつけて~!

稽古いつでも遊びに来てくださいね~!

ちちでした☆(長い)





稽古日誌@J

いやぁ〜〜寒くなってきましたねぇ。
今、走って帰ってきたのですが寒い寒い。

皆さま風邪などひいていませんか?
狭山市民劇団ステップのJです。
久々に稽古日誌なるものを書いちゃいますよ!

11月5日の稽古ではなんと!
また一人仲間が増えました‼︎
今年度6人目の入団者です!
豊作ですなぁ〜( ´∀`)
しかもこの人、脚本かけちゃう人!
ってことで一本を台本を持ってきてくれたので早速みんなで読ませて頂きました。
う〜〜ん、なんとも不思議な内容の物語でしたぁ☆

今後はインプロ遊びや台本読みが稽古の中心になります。
興味のある方は是非遊びに来てくださいませぇ〜〜☆
お待ちしておりますよぉ〜!

公開稽古お疲れさまでした♪

公開稽古20161029


2016公開稽古無事終了!

おかげさまで、2016公開稽古、無事終了致しました。

ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。

あっと言う間の二時間でした。

そのあとの親睦会も大盛り上がりでした。

今回は、公開稽古として「イベント」として実施致しましたが

ステップでは、通常稽古の参加見学も可能です。

毎週土曜日19:30~21:30まで、狭山市駅近辺の公共施設で稽古をしています。

公演が終わったこの時期の稽古は

団員各々が持ち寄った台本読みが中心となります。

いかがですか!

いっしょに台本読みをしませんか。

楽しいですよー

お気軽にお問合せ下さい。

担当 宮野善太

メールアドレス iroiro4649desu@ezweb.ne.jp

電話番号 090-8105-3088

ところで、手前味噌ではありますが

「狭山市民劇団ステップ」って

素敵な団名と思いませんか?

「始めの一歩」や「次の一歩」 「ホップステップジャンプ」などの想いもありますが

Sayama Theater Enjoy Project

どうです?素敵でしょ? 

楽しくなっちゃいます、ワクワクしちゃいます!(笑)

21年前に劇団を立ち上げた我々の大先輩たちが考えて下さいました。

こんなステップです。 どうぞお気軽にお問合せ下さい!

帰りはスキップに~(笑)


byデビール~(悪太)



プロフィール

狭山市民劇団ステップ

Author:狭山市民劇団ステップ
平成7年の設立以来、埼玉県狭山市を拠点とし、老若男女、誰でも楽しめる舞台を目指して活動している市民劇団(社会人サークル)です。ホームページはこちら

劇団員随時募集中!

18歳以上(高校生不可)/狭山市内の稽古場所に通える方/役者希望・裏方希望・未経験・見学者、いつでも大歓迎です!

まずは何でもお問い合わせ下さい。お問い合わせはこちらまで



最近の記事
リンク
ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ