8月19日の稽古日誌@鈴木カズマサ(かいじ)

夜、信号の光が雨に濡れた地面を鮮やかに染め上げていた。

したたかに降りしきる雨が瓦とガラスを叩く音が、耳障りだった。

梅雨があけて随分と経つというのに、むしろ雨の日数が増えている。夏のクソみたいな暑さから逃れられるのはいいが、こう毎日のように雨が続くと、いよいよウンザリしてきた。いい加減、止まないものだろうか。

十九時半、この時間に稽古場を訪れるのは久しぶりかもしれない。というのも、ここ最近、おれは土曜出勤でまともに稽古に出られていなかったのだ。

稽古場に着き、団員と挨拶を交わすと、バッグから本を取り出した。原りょうの『そして夜は甦る』。チャンドラーに心酔した著者がチャンドラーにリスペクトを込めて紡いだハードボイルド小説ーー


おっと、稽古についてだったな。危なく探偵沢崎シリーズについて話してしまうところだった。危ない危ない。

稽古では、芝居づくり体験教室に向けての台本読みと話し合いをした。台本を読んだのは実に数ヶ月ぶりだったが、思ったほど劣化していなかったーー気のせいとか言わないで欲しいーーと思う。

そして、話し合いだが、こちらは芝居づくり体験教室関連の話がちらほらと。何かお知らせがあれば、誰かが、稽古日誌で発表してくれる、と思う……。いや、してくれる!

とまぁ、今日の稽古はこんな感じだったわけだ。

稽古終わりはステップの新代表、兄とふたりでラーメンを食いに行った。いやぁ、本当に楽しかった。また是非行きたいもんだね。

後半、面倒臭くなったろ、だって?

あんた、バチボコ勘いいな!

かいじでした。終わりでぇーす!




 【追伸】

最近のおれはというと、毎日、賞に応募するための小説を書き、土日のどちらかは居合の稽古に励む、というすっかり小説と居合の人になってしまったわけだ。

あと、バナナマンと三四郎のラジオにハマってーー

バチボコどうでもいい情報ぅ!

今度はほんとに、終わりでぇーす!
スポンサーサイト
プロフィール

狭山市民劇団ステップ

Author:狭山市民劇団ステップ
平成7年の設立以来、埼玉県狭山市を拠点とし、老若男女、誰でも楽しめる舞台を目指して活動している市民劇団(社会人サークル)です。ホームページはこちら

劇団員随時募集中!

18歳以上(高校生不可)/狭山市内の稽古場所に通える方/役者希望・裏方希望・未経験・見学者、いつでも大歓迎です!

まずは何でもお問い合わせ下さい。お問い合わせはこちらまで



最近の記事
リンク
ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ