大量出荷@ゆーじ



 

--------------------------------

 

まさかの2週連続の雪で、稽古お休みしておりました。

そんなわけで、ひさびさの稽古日誌です。

あっ…どうも、

きかき

ーんとがんばった

ぶんをほめてあげたい

ゆーじです。

雪と言えば、昨年の上演作品した「雪の降る音」で

「雪が降ったらあぶないよ!東京は雪に弱すぎるんだから!」

というセリフがあったのですが、その時は「そんなにか~なぁ?」なんて

“中の人は”思ってたわけです・・・思ってたそうです!




あらためて雪のコワさを知りました。

そして今ならもっと上手くセリフが言える気がするっ!・・・そうです(爆)

さて、今日の台本は「水平線の歩き方」

怪我で引退を余儀なくされた35歳のラグビー選手が、

自棄をおこして死にかけた時、子供の頃に亡くなった母が現れ…

クライマックスのシーンは過去何回か読んでますが

泣きそうになります。読みながら泣く人もいます。

そんな感動的なお話でした。

そして、タイトルの通り今週はステップメンバーが

大量出荷(多くのメンバーが外部出演)の週です。

(1)みどりが「 芝居企画TECALL」の舞台に出演。あの演劇のメッカ?の

シモキタこと下北沢でお芝居ですよ。私は土曜日の昼間に観に行きましたが、

とーーーーにかくっ楽しいお芝居でした。

これからも目がはなせないですよTECALL!地球の平和を守れ TECALL!(笑)ありがとう TECALL!

これからみどりの事は「下北沢みどり」とでも呼びましょうか。

→ステップでは入団したら劇団内での呼び方・通称をつけるのが

定番となっておりまして、どういうわけか時間が経過していくと呼び方も変化していきます。

もはや元の呼び方や名前の原型をとどめていない人も何人かいます(笑)

(2)日曜日は狭山市民会館で開催された「狭山市芸術祭」の

朗読イベントにもステップメンバーが参加しました。

一般公募の「詩」「作文」をお客さんの前朗読すると言うもので、

呼び込みには、まなぶんとどらちゃんがギター片手に駆けつけてくれました。

そして、アンディが腹話術で司会をして、しみずさん、さとこさん、ゆかと元劇団員のまっつうが

朗読を担当しておりました。やっぱ芝居をしている人は、読み方うまいね!

写真はそんな朗読の一幕(カーテンコール)です。

今週は多芸多才なみんなに感動したゆーじでした。

追:そろそろ、写真館に「雪の降る音」が更新されるみたいですよ。

  お楽しみに!(現在、写真鋭意選定中・・・との事!)

スポンサーサイト
プロフィール

狭山市民劇団ステップ

Author:狭山市民劇団ステップ
平成7年の設立以来、
埼玉県狭山市を拠点とし、
老若男女、誰でも楽しめる
舞台を目指して活動している
小さな劇団です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード